タクシー向けドライブレコーダー

2019/12/12 ブログ

本日の羽鳥モーニングショーで、「ドラレコ消せや!」個人タクシー狙うクレーム3人組という報道がありました。
番組の中で、運転席で電源を落とせないドライブレコーダーが必要ではないかとのコメントがありましたので、弊社製品をご紹介いたします。
弊社ドライブレコーダーは、カメラと録画装置が分離しており、5mのカメラケーブルを準備しております。
そのため、トランクルームに録画装置を設置することで、運転席でドライブレコーダーの電源を直ちにOFFにすることはできない設定が可能です。
通常はACCと連動してドライブレコーダーの電源をON,OFFしますが、1時間までの遅延タイマーを設定することでACC-OFF後、1時間録画を続けることが可能です。
ご興味がありましたら、ご連絡ください。