池袋暴走事故で無罪を証明する方法

2019/05/21 ブログ

池袋暴走事故では、運転手が「ブレーキを踏んだがきかなかった」と語っているとのこと。

これを証明する方法は、ブレーキ操作を映像として残しておくしかありません。

今回、ドライブレコーダーを使用して実際に足元の画像を録画する実験を行ってみました。

4カメラ接続可能なドライブレコーダーにハンドル下に設置したカメラで足元を撮影しています。

前方用カメラと同時に足元の映像が表示されますので、ブレーキを踏んでいれば確認が取れます。

興味のある方はお問い合わせください。